灰とヒッコリーのバット

発達障害と精神疾患に悩まされている二十代終わりの男の生活

百合

今週のお題「私の沼」

 

百合。

 

漫画やアニメ、ゲーム。いわゆる二次元のキャラクタは人を超える魅力を持っている。

それは当然のことだ。

キャラクタは人間ではない。いつも安定した己の欲しい魅力を与えてくれる。

よくキャラクタを現実世界の人間のように扱い、話を進めようとする奴らがいるが、あれらは正直言って現実と二次元の区別がついていない。

ミッキーマウスはネズミだ。ネズミを長時間にわたり労働させているのは動物虐待だ。」と言っているのと同じだ。

実際にそう主張している連中もいるだろうが、控えめに言って俺のほうがまだ精神がまともだと言える。

 

役者やアイドルは別だ。

あれらは役を演じているだけだ。

キャラクタという役を演じているだけ。

それを主として人々を魅了し商売をしている。

 

人は皆、所属するグループによって様々な役になる。

会社では上司や部下、家では父、母…などなど。

 

で、話の本題は「百合」だ。

ああ、まだだ。

ここで注意してほしいのは、「LGBT」と「百合」とは全く関係がないということだ。

まぁ影響しないとは言わない。

しかし「LGBT」と「百合」を混同してはならない。

(私の好きな)「百合」はアニメや漫画の中にしか出てこない。

決して三次元とは関係がない。

漫画であるジャンルで「ラブコメ」があるが、そのなかに出てくるヒロイン、ヒーローなどに対して「こんな奴いない!」なんて言う人がいるが多くの人間はそんなこと理解しつつ楽しんでいる。

それと同じだ。

たまに「百合」などの異性愛以外のファンタジー恋愛もののアニメ、漫画になると途端にLGBT」を持ち出す奴らがいるが、こういったやつらはただ大儀名分(だと自分たちは思っている)、道徳感?などを後ろ盾にしたつもりで、他人を攻撃したいだけなのだ。

よくTwitterで見かけることができる。気持ちはよくわかる、人を攻撃するのは快楽だからな。

 

「百合」はいい。でもなかなか私の好みに合ったものがないのも確かだ。本になっているものより、pixivなどに投稿されているもののほうがよっぽど、私の好みの「百合」にあっているものが多い。

 

しかし、やっぱり私の世代の原点は「マリア様がみてる」だな。

もう読み返すこともないだろうけれども、学生によんでとてもハマった。

最近は、積極的にさがしてはいないが。

 

 

ゲームのイベントの話だ。

あースマホゲームアプリのイベントの話。

今は、デレステのイベントをやっているところだ。

ゲームで遊んでポイントを稼げばキャラが手に入る。

スマホゲームの中ではかなり良心的だ。

多分。

だが、これをやっていると正直苦痛になってくる。

ゲーム内容自体が好きなジャンルではないから、正直辛くなってくる。

でも、それを耐えてやれば与えられるのだからやってしまう。

もし、金がかかるのならやらないが、かからないのでやってしまう。

自分の人生とは何かを考えてしまう。

時には己の苦痛を忘れさせてくれる楽しい存在であるゲームが、今は苦痛に感じる。

何かを選択することは、何かを捨てることだ。

名言か何かであったような気がする。

まさにそれだ。

ゲームをやらなかったことで得られただろう(と想像する)事。

しかし、いったい何が得られたのだろうか?

ゲームを選ばなくても、ほかの快楽を選んでいただけだろう。

漫画を読み、アニメを見る。

別に悪いことじゃない。

ああ、話がずれた。

デレステを苦痛を感じながらやることで得られるキャラ。

キャラを手に入れたとしてどのようなものを私は得ることが出来るのだろうか?

その苦痛に見合った快楽?感情?達成感?

不良にもなれず。

学生時代から一人だったが悪い連中の誰一人として仲間に引き込もうともしなかった。

ひどい話だ。

寂しさとの繋がりは?

今日はとても寂しかった。

ひとりぼっちだった。

だけどオナニーをしたらどうでもよくなった。

気にならなくなった。

寂しさと自慰行為にどういった相関関係が私の中にあるのだろうか。

「恋人がほしい」という執念。

「親しい恋愛対象になる可能性のある女性の友達、または恋人」との交流がない状況が「己の魅力のなさ」「無能さ」を表していると、私自身に対して思い込んでいる。否、長年そういった考えを持っていたために未だにその考えが、私自身の自尊心を低下させ、自己評価を下げる。

このような私自身を傷つけるだけの価値基準など、捨ててしまえばいいのになかなか消えてくれない。一人で思春期を過ごした時間が長すぎたのかもしれない。

たまに叫びだしたくなる。

「何故か」と誰かに問い詰めたくなる。

料理

私が料理をしない理由はいくつかある。

本当なら来るべきの時のために料理を始めていたいところだができない。理由の一つは、台所は母親のものだからだ。

私が料理を始めたら、己のまな板が欲しくなり、己の包丁が欲しくなるだろう。しかし、それらを置くスペースはない。己の買った道具なら喜んで洗い物をする。でも、そうでないからやる気にもならない。

言い訳としてはこれぐらいだ。

 

それに私は味音痴だ。

発達障害のためかはわからないが、匂いに鈍い。

食べ物にもあまり興味がない。

 

話は変わるがドラマ版「ハンニバル」でレクター博士は人を食べるが、彼は肉の質にはこだわらないのだろうか?いくら殺した人間を見下す意味で食べるとはいえ、その見下した人間が己の一部になることは俺のが汚れるような気がしないのだろうか?このドラマでも○○族は相手を食べてその力を得ようとしたというセリフがあったと思うが、己が見下している人間の肉を食うのは美食家としてどうなのだろうか?まぁ、どちらにしろ人間の肉は美味しくはないだろう。おいしいのなら、いくらタブーでももっと食べている奴らがいるはずだ。この地球上では未だに不政府状態の地帯もあるだろから。

カニバリズムなんてタブーを破る連中なんてわんさかいるだろう。

それでも、あまりそんな話が出てこないのは、おいしくないからだろう。

日記

ああ。死にたいなくそ。

 

胸が痛い。憂鬱だ。

 

頭もいたい。

 

どうして俺なんだ。

 

ああくそ。

不安定な時001

胸糞悪いことにまた、どうやって生きればいいのかわからなくなってきた。

 

自分に価値がないと思い込み始めた。

自尊心が低下してきたわけだ。

こういう場合、俺はいつもネット、映画、洋画、アニメ、テレビゲームなどをしてごまかす。

しかしそれらは根本的な解決にはならず、それらをやめた後には自己嫌悪を残すことになる。

今回は、昔、今より精神状況が悪かった時に見ていたアニメをまた見たことでその時の気分に引きずり込まれた。

 

対処療法として「俺が思う有益なこと」をすればいい。

読書、絵を描く、裁縫をする、勉強をする、部屋の掃除をするなど。

 

 

 

ああ、薬がなかなか効かない。

落ち着かない。

体が落ち着かないのは発達障害のためだが、精神が不安定なのは病気のせいだ。買い物にでも出かけようかな。

掃除のほうがいいか…

 

よしよし。

オリジナルのデザインのTシャツをつくろう。

または、既存のデザインのTシャツに何かをプラスするとか。

オリジナルのブレスレットを作るのもいい。

夏だからな。

ああ、落ち着かない。

 

何をするか決めることが出来ない優柔不断な性格もこまる。

 

落ち着いて。

計画をたてて、一度決めたら変更はしない。

 

しかし、暑いな。