灰とヒッコリーのバット

発達障害と精神疾患に悩まされている二十代終わりの男の生活

結局は二日坊主だ。

二日坊主だ。

まぁ、そんなものだろう。

三日目は寒かったからか、酷く頭痛がした。

 

今日は(正確には昨日だが)服を買いにユニクロとGUに行ってきたが、求めているものはなかった。N&Mにもいった。

そこにはあるにはあったがサイズが大きすぎた。結局、目覚まし時計を買って帰ってきた。

 

ああ、東京に行きたい。

ここでは、私は目立ちすぎる。

 

家に帰ってきてからは犬の散歩に、テレビゲーム

「レット・イット・ダイ」でようやく30階まで到達した。

 

昨日、ネットで死刑執行前の加害者の最後の言葉を読んでいた。

なかなか説得力のあるものばかりだった。

「人生は短い。誰かを憎んだり恨んだりする時間はない」

特に、この言葉は私にとっては重要なものであった。

その通りだ。

人生は短い。好きなことをするか、目標を見つけてそれに到達できるように行動しよう。

人生は短い。