灰とヒッコリーのバット

発達障害と精神疾患に悩まされている二十代終わりの男の生活

読書

そうだ。

読書は目的をもってしなければ。

でも、私はどこへ向かえばいいのだろうか?