灰とヒッコリーのバット

発達障害と精神疾患に悩まされている二十代終わりの男の生活

何が辛いかって、20歳で禿げて精神病で発達障害者で、それでも9年以上頑張って働いてもがいた結果、禿げと病気がさらにひどくなったってことだな。薬の量もだいぶ増えた。
学生時代もイジメで付き合ってた子と1か月も持たなかったし。もったいない。

 

嘆いてばかりでも仕方がないが、どうすればいいのか。恋愛は諦めていたが、たまにどうにかできるのではないかと思ってしまう。

出会いは難しい。

街コンなんてものは外見が大きく影響する。俺のような、坊主は生理的に受け付けない女性も多いだろう。

だから、パッと見て良い印象を抱かれなければ話かけても無視されるし、話していても嫌われるだけだ。前に行った花見合コンがそうだった。

己に需要がないことを知りつつ一生懸命女性に話しかけるのはつらかった。無視されまくって。ピエロのように明るく振舞おうとして。

昔はテニスがしたくてテニススクールに通っていたが、おばさんばかりだったし、若い人もいたが大抵は既婚者だった。

そもそも恋愛対象の異性と出会う環境に縁がない。

友達もいないし、クラブは競争率高いし、ナンパなんて今どき警察呼ばれるらしいし、出会い系なんてやる金もないし。

まぁ出会ったところで、同年代の恋愛対象の異性は結婚を眼中に入れているだろうから、仕事もしていない男はだめだろう。そうでなくてもだめだろうな。

まぁ有史以前から資産のないオスはツガイをみつけることができない。

 

女性は顔で評価されることが多くて、その点では男性よりも生きづらいだろう。

ただブス女の人生は辛いが結婚はできる。

男はブスで資産がない場合、結婚できない。

しかも、障害者で精神病持ち?仕事なし?資産なし?禿げ?容姿ストーカー?

そりゃ無理だね。

 

どうすりゃいいのやら。